FXで取引できる数多くの通貨を徹底研究します。投資をする上で利益を出すには投資対象に関する研究が必要です。 初心者~上級者の方まで役立つ情報を配信していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

将来有望?ロシアルーブルについて

どもです(*^_^*)


本日、皆様良いお年を( ゚д゚ )


と本年最後の投稿っぽい文章で締めくくったのですが、
暇な為現在私が保有しているポジションの1つのロシアルーブルについて研究してみます。

もっているポジションは、

CAD/RUB 売り

になります。

正しくは

USD/RUB 売り
USD/CAD 買い

になります。


カナダドルを売ってドルを買い、ドルを売ってルーブルを買っています。

CAD/RUBの通貨ペアがないため、通貨を合成しています。


ではロシアルーブルについてですが、

・現在取引できる通貨の中ではかなり高金利通貨
・原油輸出世界第2位の国の通貨
・経常収支世界第5位の国の通貨
・原油価格に連動しやすい国の通貨
・2国通貨バスケット(ドル55%とユーロ45%の比率で構成)された通貨
・ロンドンの経済ビジネス研究センターCBERが2020年に世界第4位の経済大国になると予想
・リスクオンで買われてリスクオフで売られる通貨
・ロシア財政危機を引き起こした国の通貨(財政危機詳細


2008年のリーマンショックの際、豪ドル、トルコリラ、南アフリカランドなどの高金利通貨同様、爆下げした通貨
になります。

リスクもアリ、将来性もある国だと思います。ロシア(*^_^*)


なお予めお伝えしておりますが、私の全ポジションの中でロシアルーブルの保有比率は10%くらいになります。

投資をする際のリスク分散は必須です。

ましてロシアの様なエマージング(新興国通貨)はあまり多く保有するのはお勧め出来ません。

さらに言うなら特定の通貨ばっかり買って、特定の国の通貨ばっかり売るのは、
一気に自分の保有ポジションに変動がおきる為おすすめ出来ません。


リーマンショック以前に円ばっかり売っていた方は、酷い目にあったと思いますし、
今後又リーマンショックの様な事がおきないとは限りません。



では引き続きロシアルーブルについて研究します。

私の基本スタンスは、将来成長性のある国の通貨を安い時に買う事にしています。
さらに言うならポジションを持つ時点で高い国の通貨を売って、将来性の高い国の通貨を買います。

つまりチャート的に過去最高値付近だったりする通貨を保有するつもりは基本ありません。


ではチャート見てみましょう(*^_^*)

アメリカドル/ロシアルーブル

rosia.jpg


ご覧のとおり2008年爆下げしていますね><

現在は2008年最高値と2009年最安値の真ん中あたりのレートで推移していますね(*^_^*)

ここで

アメリカドル/ルーブル 売り

のポジションを持つ気にはなれません。


現在ルーブルと通貨ペアがあるのはアメリカドルとユーロだけになります。


ではユーロ/ロシアルーブルも見てみましょう。


rosia2.jpg

アメリカドル同様ですね。


じゃあおまえ!何を基準にCAD/RUB 売りのポジションを持っているんだ!!


と思われる気持ちがあると思いますので、ご説明します。

アメリカドル/カナダドルの月足チャート

kanada.jpg

ご覧のとおり、現在カナダドルはアメリカドルに対して凄くつよくなっています。

又、2008年一時的に一気にアメリカドル高になっているのがご確認頂けますでしょうか?

2008年一気にアメリカドル高・・・

あれ?どこかで見たチャートと似ていませんか?

アメリカドル/ロシアルーブルのチャートに似ているんですね・・・

つまりアメリカドル/ロシアルーブルを持つより、
カナダドル/ロシアルーブルの売りポジションを持っていた方が、
為替変動リスクが小さい訳です。

高金利通貨は何かの拍子に一気に動く事があります。

変動リスクは少ないに越した事はありませんからね。


カナダドル/ロシアルーブルに関してはチャートが用意出来ないのですが、
現在最高値が33付近、現在レートが30.8くらいのポイントにあります。

通貨ペアの無い合成通貨ペアのレートを知る時に便利ですので以下に、
サイトを記載しておきます。

通貨ペアの無い国同士の通貨レートを知るには

ご覧のとおりです。

又私がカナダドルを売った理由は、

ルーブルに対して過去最高値付近、ルーブルと相関係数が近いという以外に色々あるのですが、
それはカナダドル研究の際に又記載します。


又通貨の相関係数についても後で書きます。

通貨の相関係数に関しては覚えておいて損は無いと思います。


ルーブルを買った理由は経済成長期待以外に原油価格の推移にもあります。


2002年、原油価格20ドル前後
2012年末、原油価格 90.8ドル前後

ロシアは原油の輸出世界第2位

輸出品の価値が4倍に・・・

おかげでロシアも順調に、経常収支が増えています。

ロシアの経常収支の推移


2002年のアメリカドル/ロシアルーブルのレートは32付近
2012年のアメリカドル/ロシアルーブルのレートは30.5付近

為替レートは一緒なのに原油価格は4倍に・・・
経常収支もしっかり増えている

上記の様な理由もあります。


チャート的にはカナダドル/ロシアルーブルは現在微妙(上に行くのか下に行くのか予想がつかない)だと
思います。

ですが一時的にロシアルーブルのポジションにポジション損失が載るのは私はかまわないと思っています。

BRICSの1角、世界第2位の石油輸出量、7年後世界第4位の経済大国になると言われており、
国際経常収支もプラスな国なので、投資する価値がある国だと考えている為です。


為替ブログのランキングにも参加しています(*^_^*)

又、私の記事を読んでやっても良いという心の広い方、
下の為替ブログランキングクリックして頂けると、又記事を書くやる気につながります(*^_^*)

為替ブログランキング

( ゚д゚ )
今年も残すところあと1時間弱になりました。

又来年通貨研究しましょう(*^_^*)
スポンサーサイト
2012-12-31 : ロシアルーブル : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

HIRO327

Author:HIRO327
FX歴10年、元金融会社勤務のhiroが、日々変わるFXの通貨状況を初心者にも分かりやすく研究して行きます(´∀`)ただいま相互リンク随時募集中(*^_^*)


FXに関する質問も受け付け中!答えられるものは記事でお答えします。主に通貨に関する質問、FX取引に関する質問でお願いします。

以下各種投資情報サイト

・ロイター通信

・ロイター(為替レート)

・ブルームバーグ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。