FXで取引できる数多くの通貨を徹底研究します。投資をする上で利益を出すには投資対象に関する研究が必要です。 初心者~上級者の方まで役立つ情報を配信していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

リスク限定!ユーロ/スイスフラン

あけましておめでとうございます(*^_^*)

年明け一発目の投稿です。

今回研究するのはユーロ/スイスフランです。


通貨ペアについても研究していきましょー


ユーロ/スイスフラン


メジャー通貨の通貨ペアですね(*^_^*)

基本的にはドルや円同様、どこの通貨にもペッグ等されていない自由変動通貨同士です。


ただですね(*^_^*)

ご存じの方も多いと思いますが、

現在、ユーロ/スイスフランは1.2が下限レートになっています。


ではチャートをご覧ください(*^_^*)

yurosuisu.jpg

ご覧のとおり2011年以降1.2以下になっていません。

それ以前にはなっていますね。

2011年一時的に物凄いスイスフラン高になった事があります。


しかも私スイスフラン売っていました( ゚д゚ )

確かフラン売って円買ってました。


いやーあの時はすごかった・・・

酷かったです・・・

通貨分散してなかったらと思うと・・・

本当に皆さん、買う通貨、売る通貨は分散してください><

話を戻しますが、一気にユーロに対してスイスフラン高になったのです。

当然どの通貨に対してもスイスフランは物凄いスイスフラン高になりました。

そこでスイスの中央銀行がついに怒った訳ですよ。

ふざけるな!スイスの経済状況はそんなに良くない!
スイスフラン高がもっと進んだらスイスは大変なことになる!



そしてスイスがユーロに対して上限を決めたわけです。
今迄は当然上限レートなんてありませんでした。

下値を付けた後一気に戻っているのが分かりますね。

最初の戻しに関しては多分行き過ぎたフラン高の利益確定の髭なのですが、
その後、スイス中銀がユーロかドルに対して上限レートを決める的な噂話が流れたんだと思います。確か。
(意図的にスイスの中央銀行が流した可能性もありますが・・・)

結果ユーロに対して1.2を上限に設定しました。

そして一気に戻してここ1年は上限の1.2を割り込んでいません。

これはスイス中銀が積極的に介入して1.2以下にならない様にしている為です。


日本も介入しましたけど、スイスの介入は徹底的です。

1.2を割らせませんという強いスタンスで介入しています。

このため割っていません。

スイス中央銀行の意気込みについては下記で確認出来ます。


スイス中央銀行のスタンス

ふつうに考えて先進国通貨で自由変動相場制をとっている国の通貨が特定の国の通貨に対して上限を決める
なんて異例中の異例ですよ。

日本みたいに行き過ぎたら介入なら分かりますが・・・


という訳で現在ユーロスイスフランの通貨ペアであれば買いで、リスクは1.2までしか下がらない、
ペッグ通貨みたいな感じになっています。

リスク限定、利益は上限なしの通貨ペアですね( ゚д゚ )
過去1.6以上行っていますし(*^_^*)


ただですね・・・・

この通貨ペアを取引されようとしている方にあらかじめお伝えします。


あくまで2013年1月1日現在では1.2がユーロ/スイスフランの下限レートになります。

非常に可能性は低いのですが介入をやめて、下限レートを廃止する可能性も0ではありません。

スイスはこれ以上フラン高になるのが嫌なので異例中の異例の措置をとったので、
下限はなくさないと思いますが、投資に絶対はありません。


又、スイス中銀が1.2の下限レートを維持するスタンスであっても
介入しきれず1.2を割り込む可能性も0ではありません。

その場合、おそらく一気にフラン高に進みます。

1.1980でロスカット注文を出していても約定しないで、
物凄く下のレートで約定する可能性もあります。


しっかりスイス中銀の発言に注意していないと、危険です。

ロイターやブルームバーグ等の経済ニュースサイトを日々しっかり確認出来る方

スイス中銀を信じられる方は、リスク限定!ユーロ/スイスフラン 買ポジション

もってみてもいいかもしれません。


私は、現在持っていません。

持ちたいポジションが無くなっとき、(現在買い増ししている通貨が買いたい水準で無くなった時)
ユーロ/スイスフランが上限レートでうろうろしていて、
ユーロの展望が明るくなったと判断できたらポジションを持とうと思います。



今回は現状(スイス中銀を信じるなら)、リスク限定で取引出来る、ユーロ/スイスフランを紹介しました。


次回は上に出てきた買い増ししている通貨(中国元)について紹介します。


なお今更ですが為替ブログのランキングにも参加しています(*^_^*)

又、私の記事を読んでやっても良いという心の広い方、
下の為替ブログランキングクリックして頂けると、又記事を書くやる気につながります(*^_^*)

為替ブログランキング
スポンサーサイト
2013-01-01 : ユーロ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

HIRO327

Author:HIRO327
FX歴10年、元金融会社勤務のhiroが、日々変わるFXの通貨状況を初心者にも分かりやすく研究して行きます(´∀`)ただいま相互リンク随時募集中(*^_^*)


FXに関する質問も受け付け中!答えられるものは記事でお答えします。主に通貨に関する質問、FX取引に関する質問でお願いします。

以下各種投資情報サイト

・ロイター通信

・ロイター(為替レート)

・ブルームバーグ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。